薄毛対策でもっとも難しい禁酒禁煙

最近では、薄毛に関するあらゆる情報が溢れています。

抜け毛が増えてきたり、頭皮が透けて見えてきたりすると、

あれやこれやと薄毛予防の情報を探したりしますよね。

最終的には、プロペシアとミノキシジルを使ったAGA治療専門クリニックでの治療がもっとも効果的であるとわかるものの、

やっぱりある程度は自分で薄毛をどうにかすることができないか、と考えたりもします。

薄毛のセルフケアとして、もっとも大切だと言われているのが「生活習慣の改善」。

抜け毛や薄毛について詳しい人なら、既にご存知ですよね。

もう一度ここでおさらいしておきましょう。

<薄毛対策としてやっておきたい生活習慣の改善>

①成長ホルモンが活発になる22~翌2時の間に睡眠を取ること。

②良質なタンパク質を含むバランスの良い食事を摂ること。

③適度な運動を心がけること。

④飲酒をやめる、または控えること。

⑤タバコをやめること。

これらはよく見かける項目だと思います。

生活習慣の改善は簡単なようで意外に難しいものですが、

①~③までは日々の生活を少し工夫したり、家族に協力してもらったりすることで、

なんとかできそうですよね。

既にチャレンジされている人も多いと思います。

でも、ネックになるのが④⑤の飲酒・喫煙です。

お酒とタバコが好きな男性にとっては、いくら薄毛を改善できるといっても、

なかなか控えたりやめたりするのは難しいもの…。

ビジネス上の付き合いでは、飲酒や喫煙がプラスに働くこともあるため、

やめるにもやめることができないという人も多いのではないでしょうか?

しかし、日本では、長年飲酒と喫煙の文化がありました。

もちろん昔から薄毛男性はたくさんいましたが、

そんなに飲酒喫煙と薄毛には関連性があるのでしょうか?

●女性の薄毛お役立ちガイド[東京]http://tranh-nghe-thuat.com/